秋田県横手市の歯医者 ささき歯科医院

院内感染予防

医療品質管理の徹底

当院では、先端の医療機器の導入は勿論のこと、診療で使用する水(お口の中に入る水)を全て除菌水にすることで患者さんが安心安全に歯科医療をお受け頂けるよう、システムを構築しております。

治療・消毒用滅菌水

安心・安全な殺菌治療水を生成する装置「ポセイドン」

ポセイドンは、水道水に含まれる「塩素イオン」を電気分解し、中性の次亜塩素酸水(HClO)を作り出して、水道水中の残留塩素濃度を補正する装置です。
水道水のみを使用することや、生成水が「中性」であるため歯科ユニットの水配管を傷めにくいことなど、治療水の水質を衛生的に保つための優れた特徴を備えています。

当院では、院内感染予防対策として「ポセイドン」を導入し、
院内のコップ水から手洗い水まで、すべての場所で使用しています。
サンプル画像

ポセイドンの特徴

  • 水道水のみを原料とし、電解中性機能水が生成できる
  • 院全体に通水させることにより配管内の細菌などの繁殖を抑えることができる
  • 治療環境を衛生的に保つことができる
  • 除菌作用がある
  • 人体に無害
サンプル画像

「当院の滅菌システム」のコーナー

⑴手の滅菌

通常、手は滅菌出来ませんので、医療用石けんで洗浄後、アルコールで消毒します。
つまり、消毒レベルで終わっています。
そこで、当院では、「強酸性電解水生成装置=オキシライザー(三浦電子株式会社 開発)」を2台設置して、それによって手を滅菌しております。

⑵あらゆる水の殺菌

「治療台の水で患者さんが感染する可能性がある」という話を聞いて、うがいの水・削る機器から出る水など患者さんのお口の中に入る水を殺菌する機械ポセイドン(株式会社 セルフメディカル開発)を導入しています。

⑶器具の滅菌

大型の高圧蒸気滅菌器2台・小型高圧蒸気滅菌器2台・ガス滅菌器1台にて、患者さんおひとりお一人の器具を専用のパックに入れて滅菌しております。
また、歯を削る器材・神経の治療をするための器材などもあらゆる器材も個々に滅菌しております。

⑷手術室の空気の殺菌

インプラント治療などの外科的治療をする治療台には、「クリーンエアプラス(東京技研 開発)を設置して、「清浄度クラス10,000」の清潔で安全な手術室を作っています。
(手術用LEDライト 「ルミナンスLEDノーヴェ」も併設しております。)

⑸院内の空気の汚染防止

口腔外バキューム(フリーアーム 東京技研 開発)を6台設置して、優れた集塵効果で、汚染源になっている治療時の切削粉塵や飛沫を発生源から捕集。
診療室をクリーンで快適な環境に保ち、患者さんの健康を守ります。